無料ブログはココログ
フォト

ブログパーツ2

« 田村裕著・ホームレス中学生 12/3 1:03 | トップページ | NHK木曜ドラマ 七瀬ふたたび 第8話 12/3 20:25 »

2008年12月 3日 (水)

NHK大河ドラマ 篤姫 第48話 12/3 20:23

天璋院(宮崎あおい)は勝(北大路欣也)と対面し、官軍との戦を避ける方法について話し合う。勝は江戸に火を放ち、焼け野原にして官軍の江戸城攻めを阻むという策を披露する。一方の天璋院は、西郷(小澤征悦)の心を和平へと動かす手だてについて、幾島(松坂慶子)とともに思 案する。

そのころ、西郷率いる官軍は江戸に入る。西郷との話し合いのため薩摩藩邸に向かう勝に、天璋院は父・斉彬(高橋英樹)の手紙を託す。西郷と対面した勝は江戸城明け渡しを約束した上で徳川家の存続を願い出るが、西郷はあくまで官軍による江戸城攻めを押し進めようとする。しかし勝が天璋院から預かった斉彬の書状を見せると、西郷は心を動かされ、江戸城攻撃をとりやめる。

京の御所では、その知らせを聞いた帯刀(瑛太)が大いに喜ぶ。しかし岩倉(片岡鶴太郎)と大久保(原田泰造)は、徳川家存続は新政府にとって脅威となると考える。

一方、大奥では天璋院が女中を一堂に集め、徳川家存続のため江戸城明け渡しに応じる意向を告げる。そして大奥につとめる者は皆、徳川家の家族であり、大奥を出た後の世話も自分が責任を持つと言う。

えーっ?

そうなの?

天璋院が持っていた斉彬の手紙で、江戸城無血明け渡しと、徳川家存続=慶喜公謹慎が適ったの?

少し篤姫寄りの解釈やないのかな?

まぁ、今までが篤姫にとっては厳しい解釈ばかりだったので、揺り戻しでしょうね。

高校の日本史の教科書にはどう書かれるのかな、山川出版社さん?

山川出版社ホームページ

どこかで西郷と大久保の、特に大久保の役の俳優の薩摩弁がとても優秀だと読みました。

そうなんかなぁ?

『はぁーらぁーだっ、たいぞーですっ!』は1970年3月24日、父親の故郷である広島県広島市に生まれ3歳まで同市で、小学校1年生まで北海道札幌市で、更に小学5年生まで東京都狛江市で育ち、小学6年生以降は東京都立川市で育ち、その後、現在実家がある東京都東村山市に引っ越す。』だそうですよ。

広島→札幌→狛江→立川ならば、鹿児島には全然関係がありません。

それなり努力したのでしょう・・・。

『ジャッドン・・・』なんてね!

(^○^)

一方の西郷のエクスキューズは、私には開明派の斉彬に弱かった事ぐらいですね・・・。

天璋院が大奥解散を皆に告げました。

本寿院は卒倒しかけましたね!

(^_^)

高畑淳子さん、うまいっ!

ならねっ!

« 田村裕著・ホームレス中学生 12/3 1:03 | トップページ | NHK木曜ドラマ 七瀬ふたたび 第8話 12/3 20:25 »

日本映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114670/25875772

この記事へのトラックバック一覧です: NHK大河ドラマ 篤姫 第48話 12/3 20:23:

» 実録!篤姫 [篤姫]
篤姫で検索してみました。ブログなんか結構あります。気になるものだけ記録しておき... [続きを読む]

« 田村裕著・ホームレス中学生 12/3 1:03 | トップページ | NHK木曜ドラマ 七瀬ふたたび 第8話 12/3 20:25 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30